ARTIST INFO

CLOSE

my way my love

my way my love
(マイ ウェイ マイ ラヴ)

<メンバー>
YUKIO MURATA;Vocal / Guitar
SHOZO ISHIDA;Drums
KATSUYA HAYASHI;Bass

 

2000年、元The JUICE、The cimonsのサウンドメイカー/フロントマン村田有希生の新サウンドプロジェクトとしてmy way my loveが誕生。
ライブでの圧倒的なパフォーマンスの評判が広がり、DISC UNIONによる「コンピレーションアルバム(2002年)」や「LONDON PUNK 1977 TRIBUTEアルバム(2003年)などに参加する。その他、他のアーティスト(櫻井敦司〈Buck Tick〉ハレルヤ!EXPLOSIONなど)への楽曲提供なども多数手がける。
2004年日本での自主制作アルバムシリーズ『BOOT BUM』が、アメリカのインディーロックシーンで話題となり、10社にも及ぶアメリカのインディーレーベルから契約のオファーを受ける。同年、シカゴの「File 13 records」より、アルバム『hypotic suggestion:01』(2004年)で全米/ヨーロッパデビューを果たし、全米にて約7,000枚売上を記録する。アメリカ音楽ダウンロードサイト「Better Propaganda」にて、楽曲『captain』が日本人初5週連続1位を獲得。同年、渡米し、年間150本近くの全米ツアーを決行。ヨーロッパにも話題は飛び火する。
2005年、オーストリア(ウィーン)のTROST RECORDSと契約。ヨーロッパ限定アルバム『It Is But One Of Billions Of Galaxies In Your Universe』をリリース。(約3,000枚販売)
イギリス、イタリア、ドイツ、オーストリアなど幾度もヨーロッパツアーを決行するとともに、数々のヨーロッパでの野外フェスなどに出演。
アメリカでは、2006年。アメリカ最大の音楽イベントSXSW2006に、日本人枠(ジャパンナイト)としてではなく、アメリカンレーベルShow Caseとして出演を果たす。
同年に日本でもGROWING UP(grave yard)と契約を結ぶ。
Grave yardからは、
『Nothing is difficult to those who have the will(2006年)』
『JOY(2007年)』(イギリスでもリリース)
『a HOLY LAND INVADER(2008年)』
『I‘ll Cure You With Electricity(2009年)』
『NEW MARS(2010年)』をリリース。「NME」、「ケラング」など有名音楽誌にて、高い評価を得る。
2008年から始まった日本での自主企画イベント『2バンVS~HERION』(下北沢Shelter)が話題になる。
これまでにBRAHMAN、BACKHORN、Hawaiian6、COCOBAT、bandapart、loco frank、dust boxなど錚々たるバンドが出演し、全てSOLD OUTにて大成功を収める。
村田は現在my way my loveのほかに、ニュープロジェクト"U-re:x(ユーリクス)"やINORAN(LUNE SEA)のソロワークのサポートなどの活動もおこなっている。

OFFICIAL SITE
http://www.mywaymylove.com/